母子家庭の健康保険について

母子家庭の人はその子供に対して健康保険の助成が行われるようになっています。
その中で小児医療費助成制度があります。
これは0歳から中学校卒業までの子供がいる家庭で、家庭の経済的負担を慧眼させるために、小児の福祉の推進を図ると言うことを目的とした制度となっています。
この対象となっているのは小学校6年生終了までの子供の入院や通院、中学生以上の子供の入院に対する保険診療の自己負担分を助成するようになっています。
しかしこの時に注意しなければいけないことは、入院をしたときの標準負担額となる食事代や、保険適応外となる検診や薬代などが各自治体によって異なると言うことがあるので、事前にしっかりと確認しておくようにします。

母子家庭の健康保険について
母子家庭の健康保険について
母子家庭の健康保険料免除について
母子家庭の健康保険について